セミナー無料ご招待

1920x1080 (10)

 

【実践型セミナー】Cookie規制を勝ち抜くためのデジタルマーケティング施策 ~継続的な集客の実現方法とは~

国家的なプライバシー保護、プラットフォーマの規制強化の動きが加速しています。 本セミナーでは、Cookie規制がデジタルマーケティングに与える影響を理解し、その上でマーケティング効果の最大化のための実行方法を「広告運用」と「チャネル強化」の視点から考えます。

▼ウェビナー概要
日時:2022年4月20日(水)12:00~13:10 (11:55より開場) 
費用:無料
本ウェビナーをお勧めする方:リターゲティング広告を中心とした広告配信を行っている方、今後どの施策(チャネル)に注力し新規顧客を伸ばすか検討中の方

▪本ウェビナーではzoomを利用いたします。お申し込みいただいた方に別途メールにてご案内いたします。

▪取得した個人情報については、共催3社においてイベントに関するお問い合わせならびに主催各社個別毎の今後のセミナー情報・商品情報などの告知のために共同利用させていただきます。

▪同業他社の方は参加をご遠慮いただいておりますので、あらかじめご了承ください。

 

【Session1】Cookie影響対策のためのデジタルチャネルの強化(株式会社CINC  間藤 大地

広告による効率的な集客やリピーターの獲得は難易度が高くなるでしょう。ただし顧客にとって必要な情報を日常のチャネルを通じて届けるというマーケティング手法は変わりません。長期的に考えれば、Cookieへの依存を減らし、良質なコンテンツ作りとSEOやSNSといったオウンドメディアへの注力は1つの解であると考えます。本パートでは、「最適な注力チャネルの選び方」「SEO・SNSにおける良質なコンテンツとは?」についてご説明し、Cookie影響対策としての次の施策立案方法についてお話しします。

【Session2】今すぐ取り組めるポストCookie対応とは(株式会社インティメート・マージャー 簗島 亮次)

4月1日に改正個人情報保護法が施行され、「これまで実施してきたデジタルマーケティング戦略を今後も継続できるのか」といった懸念が表面化している企業様が直近で一層増えてきました。そうした懸念を持ちながらも、マーケティング体制の転換をスムーズに図ることができない要因として「どこから手を付けてよいのか分からない」といった悩みは多くの企業様に共通する課題であると感じています。本パートでは、既に本格的な到来を迎えたポストCookie時代において、どのように広告運用に取り組むべきかを具体的な実践内容と併せて分かりやすく解説いたします。

         


登壇者 

2021-10-05_14h40_15

間藤 大地(マトウ ダイチ)

株式会社CINC

ソリューション事業本部 推進部 部長

2007年 株式会社サイバードに新卒入社。メガバンク等のモバイル戦略を担当。2011年 株式会社パンタグラフ創業。取締役CMO就任。スポーツブランドやECサイト、Webメディアなどのコンサルティングを担う。2018年 株式会社CINCに入社、SaaS事業のマーケティング・営業を管掌。

 


yanashima (1).png のコピー

簗島 亮次(ヤナシマ リョウジ)

株式会社インティメート・マージャー

代表取締役社長 

2013年、Googleのレイ・カーツワイル氏が2020年に起きると予測した「あらゆるデータがひとつに統合される」という革命を冠した株式会社インティメート・マージャーを創業し、2019年10月東証マザーズへ上場。2020年にはデータ活用領域のさらなる拡大を目指し、Fin Tech事業会社クレジットスコア株式会社や、Privacy Tech事業会社Priv Tech株式会社を設立。
データサイエンティストというアカデミックな視点と経営者としてのビジネスの視点から、日本最大級を誇る約4.7億のオーディエンスデータを用いてさまざまな業界の課題解決を支援している。

 


モデレーター

2022-04-01_14h13_33

五十嵐 政貴(イガラシ マサキ)

一般社団法人 法人営業デジタル化協会 

代表理事

ベンチャー企業にて、営業・人事全般を経験後、HRtech新規事業の企画・運営に携わり、現在は人工知能関連人材のソリューション企業エッジテクノロジー株式会社にて、 自社サービスの営業支援AIツール「GeAIne」の販売、エヴァンジェリストを担当。2019年法人営業デジタル化協会(通称=HED)を立ち上げ、代表理事を務める。2020年よりプロコーチとしてコーチングも提供。

 


 

受付は終了いたしました